Day flow

一日の流れ

施工に取り組む一日の流れを紹介

朝、静岡県内の工事現場へと足を運びます。到着後、まず安全確認を徹底し、機材や材料のチェックを行っており、具体的な作業開始前にチームでの打ち合わせを実施し、一日の作業計画を確認していきます。作業は効率的かつ丁寧に進められ、お昼には一旦作業を中断し、休憩を取ります。午後も計画通りの工程を進め、作業終了前には現場の掃除や機材の整理を行い、次の日の準備をします。

  • スタッフで顔を合わせて事前準備を実施

    安全に関する確認や当日の作業目標を共有します。その後、現場でのミーティングを開催し、詳細な作業手順や担当箇所、注意点などを再確認します。ミーティング完了後、使用する機材や材料を並べ、作業の準備を進めます。個々で用意すべきものを揃え、全ての準備が整ったことを確認し、無事に作業を開始するための基盤をしっかりと築いていきます。

  • 段取りを確認した後に作業スタート

    作業開始前に、安全確認と機材、材料の最終チェックを行います。準備が整い次第、防水作業に取り掛かります。既存の防水層の点検や補修から、新しい防水材の施工までを丁寧に進めていきます。現場に合わせて施工をしていきます。隙間やひび割れを発見した場合、しっかりと補修し、耐久性を向上させます。自社施工現場では、高品質な材料を使用し、経験豊富な職人が作業を進めていきます。

  • 一段落後に30分間の休憩タイム

    午前の作業が一段落ついたところで、30分の休憩をとります。自社施工現場の片隅や休憩スペースで、職人たちは疲れを癒すひとときを過ごします。一部の職人は、手元の作業を振り返りながら、次の工程の確認や材料の手配を話し合います。この時間は、次の防水施工やシーリング工事に向けて、気持ちを整えるための大切な準備時間となります。ある程度息を整え、午前後半の作業へ移ります。

  • 午前後半の作業を工程を確認しつつ実施

    職長の指示をもとに役割分担がなされます。各職人が担当する部分や工程を確認し、現場に合わせて作業に取り掛かります。準備段階での打ち合わせや確認がしっかり行われるため、スムーズに作業が進められます。特に防水工事では、精度と速さが求められるため、これらのコミュニケーションは非常に重要となります。また、安全対策も万全に行われ、リスクを最小限に抑えます。

  • それぞれで体を休める昼休憩タイム

    現場作業の中盤、お昼休憩の時間がやってきます。疲れた体を休め、再び作業に備える大切な時間となります。職長の指示に従い、作業を一時停止し、職人たちはそれぞれの休憩スタイルで昼食をとります。お弁当を持参してシンプルに休憩を取るスタッフや近くの食堂やお店で美味しい昼食を楽しむこともあります。エネルギーを補給し、午後も安全かつ効率的に作業を進めていきます。

  • スケジュールを再確認して作業開始

    昼食後、再び作業を再開する際、その日のスケジュールを再確認します。特に午後は夕方や日暮れに向けての時間制約があるため、効率的な進行が求められます。途中でのトラブルや予期せぬ状況にも柔軟に対応しながら、オンタイムで仕事を終わらせられるよう努めます。また、安全確認も欠かさず、工程のチェックや職人同士の連携も取りながら、クオリティを保ちつつ速やかに進めていきます。

  • 残りの作業内容を確認しながら休憩

    午後の疲れを和らげる30分の休憩時間は、職人たちにとって大切なリフレッシュタイムとなります。短い時間ではありますが、一息つきながら水分補給や小腹を満たすことで、その後の作業効率を高めるための準備をします。また、この休憩中にその日のスケジュールを再確認し、何をどれだけ進めるべきか、残りの作業時間での取り組み方を計画して、オンタイムの作業終了を目指します。

  • 作業終了後に明日の準備

    作業時間が17時になると、職人たちは終了の合図を受けて現場の片付けを開始します。使用した道具や材料はきちんと元の場所に戻し、残った材料は翌日の作業に備えて整理・保管します。また、現場内は清潔に保たれるよう掃除を行い、翌日に向けての準備を進めていきます。次の日の準備を丁寧に進めた後に、その日の作業内容や進捗状況をまとめた日報を作成して終わりになります。